哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く風景画*//

2017.03.07.11

人間は時系列化された記憶の中に住んでいる。その

記憶の外側は偶然性の系譜が取り巻いている。本来

全ては偶然性の系譜、カオス、不連続性の中にある、

と思う。

人間の記憶が伝達されると、そこに連続性が現れる。

人はそこに必然性、因果律、時間性を求めるように

なる。人間の記憶の連続性が途切れた時、意味とか

価値とかが問われるのだろう。