読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロイト雑感 (ある精神病者の手記)

*おれの知識と経験を気の向くままに書き留めておこう。*//

2017.04.23.02

恋は貯金できない。その場限りのものだ。
貯めて置くこともできないし、後で使う
こともできない。続けていこうとする努
力があるばかりだ。
               unknown

心の中に核が在るかないかが社会性が在か
ないかの判断になる。そしてこの核が、愛
欲と労働で満たれているかいないかで、自
我の安定性の判断になる。満たされていな
い場合をitが存在する、満たされている場
合をitが存在しない、と表現することもで
きる。核が在かないかの判断ができるのが
4才頃、itが在るかないかの判断ができるの
が10才頃と14才頃である。
10才の頃は、近親相姦のタブーが完成した
と判断される時期だ。初恋、恋の季節が、
小学校の低学年に起こることを考えれば、
容易に了解できると思う。つまり愛欲への
転換は完了したと考えてよい。すると、労
働への転換が完成するのが、14才頃という
ことになる。愛欲より労働の方が、高度で、
知的な社会性だと考えられる。
正常に自我が成長するためには、愛欲への
転換だけではなく、労働への転換が必要で
ある。精神病者は、この労働への転換が、
正常な場合よりも遅いために、14才ころに
転換を完成しないのだろう。
14才頃には、itとFatherが同じ程度の力な
のだろう。これ以降、そのバランスが崩れ
てくる。中学生頃の反抗期ののち、itはFa-
therの力を超える。心の中にitがなければ、
それは自我の成長として考えることができ
るが、心の中にitが在ると、自我が不安定
になり始める。Fatherが自我に協力を要請
する、itを超自我の領域にに閉じ込めてお
くためだ、するからだ。