哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く千佳画*//

2017.05.03.02

言葉のサラダ。。か。。

ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

言葉と言葉の間に何の脈絡もなく、た
だ単に、羅列されただけの言葉を言う
が、こんなに論理性がないと、簡単な
仕事さえできない。
でも自我は壊れていない。つまり自分
と他者は区別できる。言葉は持ってい
るが、伝達手段としての機能が全く壊
れている。つまり、記憶の蓄積はでき
るが、伝達ができない、前人類に帰っ
てしまっているのだろう、と思う。。
或いは、無意識のカオスに呑み込まれ
てしまっている。。同じことだが。。
記憶の伝達、記憶の時系列化、記憶の
因果律。。これらが壊れてしまってい
る。。状態。。だ。。