哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)のいる風景画*//

2017.05.11.04

母と子の愛の交信の機会が少なければ、
少ない程病気になるという命題が、子
の近親相姦願望の強さと母の愛の強さ
の関係から、Fatherの力を交えた図式
に変わる。
母の愛の強さをFatherの力の中に取り
込むことができる。母の愛が強い場合
はFatherの力も強く、弱い場合はFa-
therの力も弱くなる、と考えることも
できる。
従って、母と子の愛の交信の図式は、
子の近親層相姦願望の強さと、Father
の近親相姦願望の禁止の強さの闘争の
図式として理解される。。逆だ。。母
の愛の力が弱いから、核が空っぽで病
気になるのか、Fatherの近親相姦願望
の禁止の力が弱くて、核が無意識の類、
近親相姦願望の欲望の類、it、によって
満たされるのか。。同じ事象を扱いな
がら、議論は平行線だ。。何処まで行
っても。。

( ̄-  ̄ ) ンーん?!