哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)のいる風景画*//

2017.05.12.04

労働のリズム、言葉のリズム、これらの
リズムは何に由来しているのか。。フロ
イトは近親相姦願望、sexのリズム、の
禁止による転換だ、と言う。
しかし、近親相姦願望は、母と子の一体
感、精神的にも物質的にも母と子が一体
である状態、母の胎内にいた状態、を求
める願望の転化したもの、と考えること
もできる。従って、ここではすべてのリ
ズムの根幹に、母の心臓の鼓動を、子が
母の胎内で聞いていた記憶、を置くこと
とする。
心臓の鼓動のリズムの記憶を源泉とする
と、Fatherによる禁止は、sexのリズム
と労働のリズムに転嫁し、フロイトのよ
うにsexのリズムを中心として理論を構
築する必要はなくなる。
3大欲望、食べて、寝て、Hする、が、す
でに4才以前から存在していることは、生
物学的に自明だと思われる。フロイトに
よる近親相姦願望とその禁止、エディプ
ス・コンプレックス、は、この、食べる、
或いは、生きる、という欲望の説明が欠
けているように思われる。つまり、母と
子の一体感、の、一体感を、愛の交信と
か、近親相姦願望とか、考える必要はな
い、と考えている。