フロイト雑感 (ある精神病者の手記)

*おれの知識と経験を気の向くままに書き留めておこう。*//

2017.06.01.07

狂気の中で、或る命題が浮かぶ。その命題は、
やはり、病気でない人と同じように、速やか
に無意識へ封印されるのか。。病者の人生に
は、もう壊すものがないとすれば、この命題
は捉えることができる。。壊れる以前への回
帰を願っていれば、捉えられない。。人生は、
病気でない人とは違ったものとなる。。日常
性の延長には革命はない。おれは書いた。。
狂気からの回帰は、非日常性の中に命題を置
く事。。になる。。たぶん。。