フロイト雑感 (ある精神病者の手記)

*おれの知識と経験を気の向くままに書き留めておこう。*//

taboo.17.07.10.02

この病気になって、何の宗教的
境地も、文学的表現も得られな
かったから、ほんの少々哲学的
ではあったが、それらを追うこ
とはしない。と言うより、それ
らを追っているもの、人物であ
れ、文章であれ、病気でなくて
も、が嫌になる。。
ということは、おれの知識も経
験も病気から得られたというこ
とか。すると、愛で満たされて
いようといまいと、心の核は存
在する、心の穴として感じられ
てはいるが、もっと積極的な意
味で、ということになる。