哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)のいる風景画*//

taboo.17.07.30.04

その時世界は赤くなり黒くなって
水族館は炎となって燃え上がった
             ランボー

彼はその炎に照らし出された世界に
何を見たのか。。この詩はその時の
カオス、彼の詩作の根源、を表して
いる、と思う。。

天使とも道士とも思われたおれが
いま土に還る。。百姓だ。。
           ランボー

彼は百姓などしたりしない。巨大な
建築物に出会い、彼はそれを破壊し、
全く時代とは異なった詩人の旅が始
まる。。

ゆうぐれ。。