哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)のいる風景画*//

taboo.17.08.04.07

精神病は死と隣り合わせだ。彼らは苦しいから
自殺する。現実に絶望したのだろう。万策尽き
たのだろう。彼らに生きろと言うのはたやすい。
しかしそれは現実でずっと苦め、苦しさを死ぬ
まで続けろ、ということだ。
おれの義理の兄が自殺した。おれと同じ病気だ。
自分の力のなさを思い知るだけだ。嫁は良家の
お嬢だった。城主の次男三男が代々養子に来る
家柄だ。おれを養子にと言ってきた。残念だが
おれも長男だ。両家でもめたが、おれは一人で
実家に帰った。
金、女、酒、力。。おれは逃げている。それら
がおれを狂わせるからだ。人は欲望の故に狂う
のだ。愛が足りないからではない。過剰な欲望
におれは度々狂って、病気が再発してきた。そ
れらを目にすると、手に入れようと入れられま
いと、行くとこまで終わらない。終着駅は精神
病院だ。
病気の苦しさはずっと書いてきた。ブログはそ
れを軽くさせてくれる。リアルでモテないから、
満足させてくれないから、ネットにメル友や出
会いを求める人が、ある意味羨ましい。。おれ
はそれらに凄く臆病だ。。普通の人の何倍も時
間と手間がかかる。。

( ̄-  ̄ ) ンー??

ゆうぐれ。。