哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)のいる風景画*//

taboo.17.08.10.03

どんな仕事をしても楽じゃない。楽して
儲かる仕事が在るなら、みな真似してや
っている。当り前だが。。仕事に限らず、
非日常性を生きていると、楽しむとか、
笑うとか安らぐとか穏やかとかがあまり
分からなくなってくる。毎日が、だるく
てしんどい。。病気についても気象につ
いても考えることもしないし書く事もし
なければ楽になることは分かっているが、
それだと生きる意味も価値も無くなる。
無駄に飯食って歳取るだけだ。人生の意
味も価値も考えずに与えられた仕事して、
楽しく可笑しく生きる、そんな生き方が
できないでいる。。病気を治したいとも
病気の人を助けたいと思っている訳でも
ない。病気は治らないと思っているから
だろう。病気が再発すれば、くすり飲ん
で寝ていれば、半日程度は働ける状態に
は戻る。65才を過ぎれば、気象の本を1
冊書きたい。それだけで生きている。大
した人生じゃないが。。

(´-`) ンー??