哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く風景画*//

school.17.08.26.02

我疑う。全てを疑う。疑っ
ている我だけが存在する。
         デカルト

このことを理解するのは容易じゃない。
我だけが存在する世界は理解し難いか
らだ。我以外は全てカオスだ。。信じ
られる何ものもない。。先生はこれを
理解するのに3年半かかった。。信じ
られるものがないから、愛を知らない
から、精神病になると信じていたから。
おれと議論して、3年半、本当に、人
生には何の意味も価値も無い、と言っ
て先生は黙ってしまった。。それまで
はおれの全ての懐疑的な言葉を精神病
の証として聞いていた。。おれは何度
もガッカリした。。愛も命も、思想の
一つだ。科学と同じだ。。これが理解
できない。。先生医学博士だ。血統の
いい医者だ。。だから。。余計に。。
たかが病人の一人のおれの言うことは、
全て自分の理論の確認だ、と考えてい
たのだろう。。自分の理論に目が眩ん
で、現実が見えなくなっていた。絶対
的なものなどどこにもない。。愛、金、
力、は人を迷わせる。。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…