哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く千佳画*//

school.17.09.02.02

言葉じゃない世界は狩猟民族の時代だ、
とする。農耕民族が誕生し、古代国家
を作り上げたが、古代国家では言葉は
支配階級にだけ使用が許されていた。
言葉は支配の道具だった。それは法律
として文書化されたが、言葉は支配の
道具として必要だったが、ここに論理
を持ち込むことは危険だ。ルネッサン
スからフランス革命の時期の論理的な
思想を見れば分かる。非論理性と論理
性が、及び、真理の存在と不在が、近
世と中世を分ける。。

( ̄-  ̄ ) ンー??