哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く千佳画*//

school.17.10.11.01

ともあれ、先生の論文にはFatherは
いないが、先生の先生の論文にはFa-
therがいるようだ。Fatherの代理物
としての幼稚園がそれだ。幼稚園は
強制的に母と子の一体感を壊す。子
供は消極的にそれを受け入れていく。
幼稚園・小学校と言う社会的な価値
観を媒介して、母の価値観からの自
立が起こる。自我の目覚めだ。何故
それが10才頃かという説明はない。。
が。。いずれにせよ。。別の物語と
して。。読んでみようか。。