哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く千佳画*//

school.17.10.29.01

大学出て。。さて何しよう。。だ。。
それが見つかったのは15年後だった。
人生に迷い始めたからだと20年にな
る。。新しい地平。。飽きもせずに
同じことを模索していた。。病気し
て事故しておれは2度人生を失った
が、病気も事故もその妨げにならな
かった。というより、余計なものが
削げ落ちて、より明確になっていっ
た。おれは初めからそこにいたのだ
ろう。幸運とは呼べないような気が
する。。先生の母と子の一体感を愛
情ではなく、近親相姦と捉えたり、
降水現象をニュートン力学ではなく、
統計力学と量子力学で考えたり。。

( ̄-  ̄ ) ンー?!

日常性からの逸脱は選択ではないが、
おれの病気も事故も選択肢にはなか
ったから、非日常性から日常性を眺
めてみるのもいいものだ。偶然だろ
うが、幸運とは少し違うような。。
新しい地平。。いつか見つかるよ。。
求めていれば。。

おは。。