哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く千佳画*//

school.17.10.30.01

おれの統一的な風景の影を踏んだのは誰だ。
                 unkown

個人の価値観、善悪の判断、ができるよう
になると、人は自分の道を歩き始める。16
才頃、反抗期の終わった頃だ。この時、彼
らの世界には、家族と社会と個人の価値観
が存在する。彼らは自分の道を歩きながら、
それらを言語化、意識化していく。。彼ら
の思想、世界観の構築の始まりだ。。彼ら
が自分の心の闇に気づくのは時間の問題だ。
非日常性とも非社会性とも言う。。すると、
心の闇はおれの場合、10才から16才の間に
できたことになる。。無意識が意識の中に
侵入してくる経路、核。。

( ̄-  ̄ ) ンー?!

おは。。