哲学者の朝食はタバコとコーヒー

*フロイト(病気)とボルツマン(気象)の描く千佳画*//

college.17.12.13.03

egoもidoも欲望だから言葉の習得によって
成長していく。。idoがFatherを越える時が、
Fatherの強さは社会的なものだから固定し
ているものとする、16才か。。すると、16
才頃から、幻覚は始まる。。だな。。ego
がFatherと親和性が高ければ、idoはダム、
it、を越えることはない。egoがidoと親和
性が高ければ、idoはいつかダム、it、を越
える。。煙突とか、水を、idoだが、流すと
か。。は?。。それと、egoの2つの親和性、
egoの両面性。。
習得によって。。か。。理解できない言葉、
欲望が存在することになる。。同じ意味だ
が、理解しようとしない言葉、不都合な欲
望。。だ。。か。。すると。。言葉になら
ないものとは、無意識の欲望、不都合な、
となる。。先生の言う宗教的な、霊的な、
生命、ではない。。ということか。。これ
が、煙突掃除とか、idoの流れ、とかいう
ものの正体。。か。。不都合な、言語化さ
れていない、無意識の欲望の、言語化によ
る自我の領域への組み込み、或いは、自我
の領域からの排除。。だ。。

( ̄-  ̄ ) ンー?!

ゆうぐれ。。